作成者別アーカイブ: admin01

のぼりで位置確認

誘導看板は、時として効果があがらないような場所に設置されていると、残念ながら、誘導の用途として弱い効果しかえられないもの。

看板は大きさと設置場所で効果がはっきりと決まってしまいますから、性質上、大きな立派なものを、良く目に付く場所に設置する必要がどうしても出てきます。

小さ目の看板でも、設置場所を選ぶので、そこにしか置けないと、看板の意味はないと言っても過言ではありません。

場所が限られている場合は特に、空間を上手に利用したいものです。

のぼりは、遠くからでも目につきやすい特徴があります。

交通量の多い交差点でも、反対車線からでも目に入り、目的の場所を探す目印として、効果が高いものです。

看板は地面付近、あるいは建物に密着しているので、近くまで行かないと、目印になりにくいのです。

のぼりは安価で、ポールと土台さえあれば設置場所をほぼ選びません。

のぼり旗を空間へ伸ばしてしまうことで、明るい色目で遠くからも良く見えます。

物品販売やサービス業なら、コストをかけずに新規の客層を誘導するパワーツールになります。

地味で昔からある存在と思われがちなのぼり、使い方によっては、お店に新しい風を呼び込んでくれそうです。

マーケティングの王道のぼり

のぼりの種類はビジネスの数だけあります。

飲食店のぼり、食糧販売のぼり、金券販売、不動産、イベント、物販、どんな業種にも対応できる、万能広告メディアです。

フルカラーのプリントで格安。

コストを削減してどうにか集客率をあげたいと考えるとき、印刷物や看板に比べて安価に広告効果を出せるのがいいところです。

屋外での広告活動は、通行人や近所に迷惑にならないよう、しっかりと安全対策をとる必要があります。

ポール、土台などは安定感のあるものを使い、設置場所を選択する際には、ルールを守って、トラブルを回避しましょう。

ぱっと人目について、お店周りのデコレーションが簡単にできるので、華やかな印象を与え、ビジネスにフレッシュさを提供し続けることができるのも、手軽さと相まって良いところと言えるでしょう。

何度も目に留まっていると、そのうちに新鮮さは薄れてしまうもの。

イベントやキャンペーン、フェアなどの短期集中型ビジネスに特に効果的に集客効果があがるので、定期的に新しいものに変えていくと、その都度、新規の集客が見込めるすぐれもの広告メディアです。

のぼり専門ショップでは、販促プランの相談にも乗ってくれるところが多いのが特徴です。

集客率で悩んでいたら、販促プランのアドバイスも受けられます。

のぼりでにぎやかな印象に

お店の周り、きれいに片づけておくだけでは、人目には留まらないもの。

開店しても集客が悪いときは、販促計画を立てていかないといけません。

この時代だからコストを抑えて効果的な販促計画を立てていく必要があります。

昔からのぼりは屋外広告として商業文化にいろどりを添えてきました。

お店の場所にフラグを立てる。

そんな意味合いがある広告メディアです。

他の屋外広告は、看板やポスターに比べると、のぼりのコストパフォーマンスが良いことが良くわかります。

看板に比べ、安価で、持ち運びが容易で、後片付けや収納にすぐれ、色鮮やかで風に揺れ、場所を選ばないのぼり。

ポスターに比べ、繰り返し使用が可能で、雨や風などのオールウエザー対応が効くのぼりは、屋外広告で効果的に集客効果をアップします。

設置に必要なのはポールと土台のみ。

簡単に設置できて撤退できるので、どこでもだれでもすぐにセッティングできるのが強みです。

そのカラー、デザインですぐににぎやかさ、人目をぱっと引く華やかさを演出できるので、限られたスペースでも誘導効果が上がります。

設置する場所に合わせた素材、サイズ、部材を選ぶこともできる、臨機応変な広告素材です。

のぼりとその付属品

のぼりを買うときには、付属品も必要になってきます。

一緒にポールや土台を用意しないといけません。

安価なものも多いし、セット販売になっている場合もあります。

旗を通すポールには長さがあり、二段伸縮タイプになっていたり、コーティングの仕様や、カラーバリエーションも豊富で、のぼり旗とコーディネートできるようになっている場合もあります。

せっかくきれいな色の旗をオーダーするのだから、ポールとコーディネートするのもいいですよね。

ささくれがささるようなタイプのポールを使っているなら、そろそろアップグレードの時期。

価格は安価なのでのぼりを変えるタイミングで、ポールも変えるという人も多いかと思います。

土台は、水を入れるプラスチックタイプが主流。

水だけで安定しない場合、砂などを入れたりして安定させます。

のぼりのサイズや重さによっては、スチール製の重いタイプの土台もあります。

外に設置する場合、ハザードにならないよう、しっかりと管理する必要があるので、土台の安定、歩行者や近所の迷惑にならないよう、設置方法、設置場所には留意したいもの。

効果的に人をあつめてくれる大切な宣伝デバイスです。

安全に注意して設置したいものです。

《 関連サイトのご紹介 》「国旗・国歌」について – 内閣府